オールオンフォーによるインプラント治療

スポンサーリンク

オールオンフォーによるインプラント治療

インプラント治療には、オールオンフォーという方法が存在します。

 

オールオンフォーによるインプラント治療を行うと、4本のインプラントを均一に埋入することにより、10〜12本の固定式の人工歯をカバーできるようになります。

 

総入れ歯を利用している人や、虫歯や歯周病が原因となり、治療を受けても既存の歯を残しておくことが難しい人に適した治療方法です。

 

虫歯や歯周病により既存の歯を残すのが困難な人の場合には、インプラントの埋入を行う前に抜歯が必要となりますが、これはオールオンフォーが天然歯の存在しない顎にしか対応できないという理由があるからです。

 

また、オールオンフォーの場合、人工歯は4本のインプラントにより支える格好になるため、費用負担を軽減することが可能です。

 

広範囲の外科手術を必要としないため、短時間の手術で済み、痛みや腫れなどのような患者の受ける負担も軽減されます。

 

骨量が残されている場合が多い前方の顎骨にインプラントの埋入を行うため、骨を増強するための処置を施さずに済む可能性が高いと言われています。

 

手術をした後すぐに人工歯の固定が可能となるため、会話や食事に悪影響を及ぼしにくい特徴があります。

 

ただし、オールオンフォーはどこの歯医者でも取り扱っている治療方法ではありません。

 

仮にオールオンフォーに対応している歯医者であっても、口腔内の状態や全身の状態に関する条件に満たない場合には、治療を受けることが不可能という判断が下されます。

スポンサーリンク