インプラント治療の名医・歯医者

スポンサーリンク

おすすめのインプラント歯医者

インプラント治療とは何か?

インプラント治療(デンタルインプラント治療)というのは、失くした歯の代わりの役割を果たす人口の歯のことを言います。
色々なところを見ると、第二の永久歯と称されていたりもしますが、既に知っているという人もいるかもしれません。
インプラント治療は人工歯根を顎の骨に埋入し、人工歯根が顎の骨と結合したら、この上に天然の歯とほぼ一緒の見た目をした人口の歯を被せます。
天然の歯と見た目が一緒ということで、非常に自然な仕上がりとなりますし、まるで自分の歯かのような噛み心地が得られるのです。
ちなみに、人工歯根を顎の骨に埋入するためには、手術を受ける必要があります。
また、インプラント治療は三種類の部品により構成されていますが、この部品に対応するように三層構造になっているのです。
最も下部にあるのは顎の骨に埋入する人工歯根(フィクスチャー)、この上には人口歯根の支台となる連結部分(アバットメント)、最も上部にあるのは連結部分(アバットメント)に被せる人工歯(上部構造)となります。
また、インプラント治療は保険が適応されないいわゆる自由診療の扱いとなりますから、現状において高額な費用がかかってしまうのは否めません。
しかしながら、保険が適応されるブリッジ治療とは異なり、良好な状態の歯を削ることはしませんし、入れ歯とは異なりガタつくことはないのです。
自分の歯と同様に噛むことが可能ですし、しっかりとケアを施していると、インプラント治療の効果はほぼ永久的に保たれると言っても決して大袈裟ではないでしょう。

インプラント治療の魅力

インプラント治療の魅力は、入れ歯やブリッジと比較することで、より明確になってきます。
入れ歯は治療が簡単でリーズナブルな点に魅力があるものの、使用感の悪さを感じることが往々にしてあります。
固い食べ物が噛みづらい、発音・発声がしにくい、金具により固定している歯に痛みを感じる、専用の薬品によるケアに煩わしさを感じる、ケアを怠ると口臭が目立つなど、色々あるでしょう。
こうした問題はインプラント治療にはなく、天然の歯のような感覚を得ることが可能となります。
ブリッジは入れ歯より使用感の悪さが少ない点に魅力があるものの、ブリッジを固定するために両隣の良好な状態の歯を削る必要があります。
良好な状態の歯をわざわざ削るというのも悪影響を及ぼしますが、噛むことにより両隣の歯は多大な圧力や負担を受けることになります。
こうなると将来的に両隣の歯まで共倒れになってしまいかねませんが、インプラント治療の場合は他の歯を傷付けたり、駄目にしてしまう心配はありません。
また、入れ歯やブリッジの方法を選択した場合、失くした歯のところに位置する顎の骨が、年間平均1mm縮小すると言われています。
顎の骨は適度な圧力を受けないと縮小してしまいますが、これにより歯並びが悪くなるというトラブルに繋がります。
歯並びが悪くなると、見た目のみならず口の中の環境に悪影響を及ぼしたりと、さらなるトラブルを招いてしまうでしょう。
一方、インプラント治療の場合は人工歯根を直接顎の骨に埋入するため、天然の歯と同様に、骨は適度な圧力を受ける形になります。
これにより顎の骨が縮小することなく、良好な状態の歯肉を維持することが可能となるのです。

インプラント治療のプロセス

一般的なインプラント治療のプロセスを把握しておきましょう。
まずはじめに、インプラント治療の審査を受けますが、この審査により治療の可否を判断することになります。
可能ということになると、治療計画を決めるための具体的な話しが進められます。
次に、人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋入するための手術を行います。
顎の骨に埋めるというと恐怖心を抱く人もいるかもしれませんが、局所麻酔を使用しますから、安心して手術を受けましょう。
手術が終了したら、インプラント治療と骨の結合を待つための治癒期間を過ごしていくことになります。
骨の質などが人によって違うため、一概に治癒期間を決め付けることはできませんが、一般的には3ヶ月から半年程度と言われています。
なお、治癒期間において、人によっては仮歯をつけるケースもあります。
インプラント治療と骨の結合が済んだら、今度は人工歯根(フィクスチャー)の支台となる連結部分(アバットメント)を取り付けますが、このときには簡単な手術を受けなくてはいけないケースもあります。
この作業が終了したら、人工歯(上部構造)の作製に取り掛かりますが、このときにはインプラント治療を含めて口の中全体の型を取るための印象採得を受けることになります。
そして、人工歯(上部構造)が完成したら連結部分(アバットメント)に人工歯を取り付けて全ての工程が終了となります。
インプラント治療後には正しいホームケアと定期検診により、インプラント治療が長持ちするように努める必要があるでしょう。